”Welcome to kaisan's room”

2017年 地域情報

どんど焼き

1月9日(月)


9日の成人の日に「どんど焼き」がありました。

会場となった須屋市民センターグランドでは、

大人たちが「どんど焼き」の準備をする傍らでは、
子供たちは「書初め」で思い思いの願いを書いていました。

主柱は大勢の手で

建てられました。
笹葉がついている竹の枝を丁寧に編み込んで
組み立て時に作業性を良くしている。
こうすることにより日をつけたときに火の粉となって
飛び散るのを抑えるという。
主柱に補強用に数本の竹が立てかけられ
中心部には枯れた竹が組み込まれた。
周りには燃やす竹木など多くのものが立てかけられ
最後はトラクターできれいに積み上げられました。
自治会長さんから、「どんど焼き」の意義など説明を受ける
子供たち
大勢の観客や消防団員さんが見守る中、
自治会長さんの合図で高学年の小学生の子供たちによる
点火式があり、
見る見るうちに燃え上がり、
煙に
包まれ
一斉に

全体が燃え上がる
見守る消防団員
燃え盛る「どんど焼き」を見ながら談笑する見物客や夢中で
「おしるこ」を食べる小さな子供は
竜が舞い上がるごとく燃え上る「どんど焼き」には感心なさそう!ヽ(^。^)ノ、
家族で仲良く見物です!
消防団員さんたちは、この「どんど焼き」で焼けたのか
両名とも真っ赤な顔に焼けていました!
高い炎を上げ燃焼を続ける「どんど焼き」を見守る観客

また、その傍らでは女性会の皆さんが
作った温か~い「おしるこ」が振る舞われ、
長~い行列が出来、

美味しそうに食べながら、
「どんど焼き」を楽しみました。

炎も小さくなり、今年飾った門松や注連飾りで出迎えた年神を
先ほど子供たちが書いた「書初め」と一緒に焼かれ見送ることができました。

今年こそ皆が元気で過ごし、天災事変のない平穏な年でありますようにと願いました。